ワキガ完全克服マニュアル

0

ワキガの根本原因を知る

ワキガの臭いは、ワキに多い汗腺「アポクリン線」からでる汗を肌の常在菌が分解する事で発生します。

つまり生まれつきアポクリン腺が多い方は、ワキガになる可能性が高いのです。

逆にアポクリン腺が少ない方は、アポクリン汗が出ないまたは少ないため、臭いの元となる常在菌が繁殖できません。そのため、ワキガのニオイも発生しないのです。

なお、日本人の9割はアポクリン腺が少ないとされ、ワキガ体質の人は稀です。

そのため、日本人はワキガ臭に慣れておらず、あの独特なツーンとした刺激臭を忌み嫌う傾向にあります。

ちなみに、アポクリン腺は脇や陰部、乳首などのデリケートゾーン、耳の後ろに多く分布しています。

デリケートゾーンに多いというのが悩みのたねでもあります。

特に陰部からのワキガ臭は「スソワキガ」とよばれ、性行為の際に嫌悪感を抱くパートナーも多く悩みは深刻です。

ワキガ体質の方は、脇意外も体の多くの部分からニオイを発してしまうわけですね。

デリケートゾーンがクサイのはツライ

デリケートゾーンがクサイのはツライ

ワキガ体質かどうかをセルフチェック

  • はじめに家族がワキガの方は要注意です。

ワキガ(腋臭)体質は優性遺伝のため親から子供へ引き継がれる確率が高いと言われます。

必ず遺伝するわけではありませんが、親族に臭い方がいる場合は自分の脇のニオイも疑って下さい。

もしかすると親族全員がワキガのため、ニオイに慣れきっている可能性も。臭っているにも関わらず、気づいていないのが一番の悲劇です。

勇気を出して第三者にクサイかどうかの判断を仰ぐことをおすすめします。

  • 耳垢が湿っている

非ワキガ体質の方は、通常耳の中は汗腺が無く耳の中は乾燥しています。

逆にワキガ体質の方は、耳の中にアポクリン腺が存在するため耳の中でも汗を分泌し耳に湿り気が発生します。

そのため耳の湿り気はワキガ体質化どうかを判断する指標になると言われています。

  • 黄ばんだ汗ジミ

アポクリン腺からでる汗はタンパク質や脂質、さらに「リポフスチン」という黄ばみの元となる成分を含みます。

なおエクリン腺から出る通常の汗は、それらの成分を含まず黄ばみの主な原因にはなりにくいとされます。

なお銀イオンを含む制汗剤は、黄ばみの原因になるといわれますので、何も使用していない状態で黄ばみが生じるかをチェックしましょう。

ワキガ手術のリスク・デメリットは

ワキガを根本的に抑えるには、手術にてアポクリン腺を取り除く方法が最も効果的と言われます。

しかしながら手術をしても体質自体が改善される事はなく、ニオイが再発したり、ワキ以外の部分のニオイが強くなるなどの弊害リスクがつきものです。

中には、脇のアポクリン腺を除去しワキのニオイは気にならなくなったものの、乳首やデリケートゾーンのワキガ臭が強烈になってしまったという話も効きます。

また手術費用も5万円を超え高額で有ること。さらに除去の際の傷跡が目立つなど様々なリスクがつきものです。

となると、よほどのワキガ持ちでない限り手術のメリットを享受できるとは思えません。

金かけて治したのに再発したら富士の樹海行き…くらいのショック度

金かけて治したのに再発したら富士の樹海行き…くらいのショック度

手術なしで対策するには

軽度のワキガの場合は、体質改善やケアクリームなどを使用してニオイを「抑える」方法の方が安全と言えそうです。

具体的には

  • 生活習慣を改善する

運動不足は肥満の原因になり、血流の低下を招きます。血流が低下すると代謝にも影響を及ぼすことも考えられます。

また喫煙などは、有害物質であるアンモニアを直接体内に取り込む行為であり、他にも多数の有害物質が直接悪臭の原因となります。

ワキガとは直接関係ないようですが、生活習慣の乱れは汗の質を低下させ、結果的にワキガ+汗臭の最悪コンピレーションとなる可能性があるのです。

また疲労の蓄積は汗のアンモニア量を増加させる事からニオイの直接原因になってしまいます。いわゆる「疲労臭」というものです。

生活習慣を改善させたからといってもワキガの原因を取り除いたわけではありません。

そのため根本改善とは言えませんが、汗臭を予防するという観点から必要な項目です。

  • 食生活を改善する

脂質やタンパク質、糖質が多い食生活ではワキガ臭が強くなってしまいます。

アポクリン腺に含まれるタンパク質が増えればその分ニオイが強くなるのです。

食べたものは直接体臭と関連があります。ニオイの強いものや脂っぽいものばかりを食べていれば、自ずと体臭も強くなる事を意識しましょう。

  • 患部を清潔に保つ

患部を清潔にする事でニオイを大幅に軽減する事が可能です。

アポクリン腺からでる汗自体は無臭です。汗が分解されなければニオイは発生しないのです。

そのため毎日お風呂に入り、患部を念入りに洗ったり、毛穴のつまりを防ぎ清潔さを保つことである程度のニオイ対策ができると言えます。

ただし、皮膚の常在菌を滅菌する事は不可能ですし、もし滅菌するほどの強い薬の場合皮膚が荒れる心配が出てきます。

患部を清潔に保つことは大切ですが、同時に肌荒れしないように気をつけることが大切です。

最も効果的な方法は

ニオイを封じ込める基本は、

  • 原因菌を殺菌し増殖させない
  • 薬用成分が流れ出ないように制汗する

の2点に尽きます。

具体的には、原因菌の殺菌には、「イソプロピルメチルフェノール」、制汗には「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が有効です。

つまりこれら2つの成分がしっかりと配合されている防臭商品であれば、効果が見込まれるという事です。

一般的なドラッグストアなどで販売されているワキガ対策クリームなどは、どちらか1つのみが配合されているものが多く、効果の持続性に疑問が残ります。

デオナチュレなどの商品は人気が高く有名ですが、制汗効果が弱く、患部から薬剤が流れてしまい、結果菌が増殖しニオイを発生させてしまうようです。

効果が高く人気な商品は

「イソプロピルメチルフェノール」と「パラフェノールスルホン酸亜鉛」をしっかりと配合した商品は以下の通り。

中でもDr.アロマランスは容量も多く、低価格とあって大変人気となっています。

商品名 容量 定期初回 定期2回目以降 商品詳細
Dr.アロマランス 35g 4,800円 4,800円 ▶口コミ
クリアネオ 30g 4,980円 4,980円 ▶口コミ
アクアデオ 30g 5,980円 5,980円 ▶口コミ
チュアリス 27g 3,980円 4,980円 ▶口コミ

 
▶ドクターアロマランス口コミ

口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP