秋の季節性鬱による体臭に要注意 ストレスは便臭も悪化させる原因に!

0

秋、刻々と冬へと変化を遂げる季節。

特に秋から冬への変わり目は日照時間が減ることで、セロトニン不足になりやすいとも言われ、心が沈んでしまいがちな日々も多くなりがちです。

理由もなく切なくなって、塞いでしまう――季節性の鬱、といったところでしょうか。

とはいえ、理由なきストレスやモヤモヤを溜めこんでしまうのは体に毒でしかありません。

気が乗らないにしても、無理やりにでもスポーツや、友達と会うなどして、出来る限り憂鬱な気持ちを追い払うように努力すべきです。

ストレスがもたらす自律神経の失調

私たちの身体の中で、緊張と緩和を司る神経を、「自律神経」と呼びます。

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、交感神経優位のときには緊張状態、副交感神経が優位のときにはリラックスした状態になります。

しかし、その働きは生活習慣やストレスなどによって、ときに崩れてしまうことがあります。それが一般的に言われる、「自律神経失調」という状態です。

菌活するなら



自律神経のバランスが乱れると「体臭」が強くなる?

たとえば、眠ろうとしているのに、何か頭が興奮しているようで二時間も三時間も寝付けない…そういうときには、自律神経のバランスが乱れているのかも。

通常、眠るときには副交感神経優位となるのですが、交感神経優位となっていると、いくら頭では眠ろうと思っても、身体に眠りのスイッチが入りません。

状況に応じた緊張と緩和のコントロールができないと、その他にもいろいろな悪影響が出てきます。

その一つがたとえば、「体臭が強くなる」というもの。ストレス性の体臭です。

「え? どういうこと?」と思われる方も多いかもしれませんね。

まず、体臭というのは、体内で消化しきれない食べカスの臭いが毛穴から漂い出てくるものだと考えてください。

その前提でご説明しますと、私たちの体内の消化器官では、それぞれ別の酵素を出して食べ物を段階的に分解しているわけですが、自律神経を脅かすようなストレスを感じると、「ペプシン」と呼ばれる大事な酵素が分泌されにくくなるのです。

そして、体内で消化の追いつかない食べカスがどんどん胃腸に溜まって、それが悪臭を発し始めるというわけです。

これは、口臭も、汗の臭いも、便臭も、性器からの臭いとも関係してくることで、また、汗を掻いていない状態でもなんとなく臭う、まさに「体臭」の原因にもなりえます。

さらに、食べ物がきちんと消化されず、胃腸が荒れた状態で便が排出されることになるので、尿臭、そして大便の臭いなどあらゆる排泄物がとても強いものとなってしまいます。

秋鬱だわーお腹全然空かないわー

秋鬱だわーお腹全然空かないわー

便秘と便臭は鬱のサインかも?

「最近、ちょっと便秘気味かも」
「もしかしたら大便がすごく臭いのかも」

そう思ったら、それはストレスによる消化不良のサインかもしれません。

また、便秘というのはゆゆしき問題です。というのも、あらゆる女性の大敵である肌荒れなんかも引き起こしますからね。

原因はともかく、まず、今出ているその症状に対処した方がいいかもしれません。

便臭の悩みも併発しているということなら、サプリを使ってみるといいでしょう。消臭成分を含み、そして排便の促すオリゴ糖や乳酸菌などを含んだサプリが、各メーカーからいろいろと出ています。

安易に薬に頼りたくないという人は、身体に優しいサプリがベストではないでしょうか。

便秘・便臭といった問題が解決されれば、きっと、ずいぶんと気分も晴れるはずですよ。

あとはよく食べてよく寝て、適度に身体を動かすことですね。ちょっと話が逸れるようですが、あらゆるアスリートも、「スランプの原因」というのは、だいたい、生活習慣の乱れのせい」と語ります。

ストレス元が何にしろ、きちんと規則正しい生活を送ることが出来れば、きっと体調も、気分も上向いてくるはず! 秋の憂鬱に負けないようにしましょう。

カラダの中から臭いケア



口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP