秋の食は最高だが飽食の時代にも関わらず冬に備えて脂肪を溜め込むのはやめよう

0

昔から「食欲の秋」と呼ばれます。スポーツの秋、読書の秋とも呼ばれますが、人は易きに流れるもので、スポーツや読書よりも、本能的な欲求である食欲を優先させてしまうものです。

でも、たくさん食べると肥満のリスクがあることは、言わずもがなの事実。

すべてのダイエッターたちはここで改めて、食欲の秋への注意を促したいものです。

科学的に解き明かす「食欲の秋」

秋になると食欲が増すのは、なぜか。

その理由をちょっと考えてみたとき、最初に私たちの頭に思い浮かぶのは、「夏バテから回復するから」とか、「食べ物が次々と旬を迎えるから」とか、そういった部分ですよね。

それも1つの事実ではあるのでしょう。

でも、実は、「食欲の秋」というのはそういう気分的な理由だけではないみたいです。科学的に検証しても、秋には、食欲が向上するメカニズムが隠れているようですよ。

まずは、「気温の変化で代謝がアップするから」だとか。

夏はダラダラと汗をかくし、痩せるしで、勘違いしてしまいがちですが、代謝が上がるのは、むしろ暑い時期でなく寒い時期です。

身体は熱を生むためにたくさんのエネルギーを使うので、そのために代謝がアップします。そして足りなくなったエネルギー源を欲して、「食べよ」と求めるわけです。

それから、脳内物質の分泌も食欲に影響します。食欲に深くかかわる「セロトニン」という神経伝達物質は、日照時間にその量が左右されるようです。

秋、日に当たる量が少なくなると分泌量が少なくなるので、脳はセロトニンを出すために、肉・乳製品などの摂取を求めてきます。また、同時に睡眠も欲して、食べることと寝ることで、精神の安定を図るのです。

これら2つの科学的な理由からも、「食欲の秋」という表現は、確かなことみたいです。

冬眠前の腹ごしらえ♪

冬眠前の腹ごしらえ♪

その過食は、もしかすると病的な症状かも?

しかし、通常、脳が欲する「食」というのは、あくまで生命活動に必要最低限のレベルでしかありません。

秋に増強されるようである食欲もまた、何も脳としては、過分に「食べなさい」と求めているわけではないのです。

とはいっても、食べ物もおいしい季節ですから、多少食べ過ぎてしまうことはあるでしょう。けれど、一般的な「大食い」よりも、さらに上回って食べてしまうというのは、ある限度を超えると病的です。

いわゆる「過食症」や、ストレスによる暴飲暴食というのは、上でも紹介した脳内物質のセロトニンが不足しているために起こる症状と言われています。

セロトニンは様々な原因で減少しますが、その詳しい説明はあえてここでは避け、その分泌量を増やす方法をここではいくつか紹介しましょう。

まずは、太陽の光をたっぷりと浴びることです。それから、よく笑い、よく喋ることを心がける。適度な運動を行い、三食しっかりと食べて、疲れたときには外に出て深呼吸をすること。

パートナーがいる人は、大切な相手と愛し合うこともまた、「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンを多く分泌させる行為となります。

なお、セロトニン量が深刻に足りていないという場合には、過食に加え嘔吐という症状も出てきます。

過食嘔吐を繰り返している場合には、そんな悠長なことを言ってはいられないので、なるべく早めに病院を受診しましょう。

尽きぬ食欲をセーブする方法は?

では、秋の食欲をセーブする方法とは、何か。高まる食欲の赴くままに飲み食いすることもストレス発散には大事ですが、ダイエットのためにも、ちょっと考えてみましょう。

上でも紹介したように、セロトニンが増えれば過食は避けられるので、そのための行動を心がけるというのも1つの方法でしょう。

または、満腹中枢を満たすサプリメントを使い、脳を騙すというのも賢いやり方です。

栄養素がたっぷりと含まれ、「食べた」という気持ちにさせてくれるサプリを使えば、食欲はある程度抑えられます。

私たちの「食べたい」という気持ちは、常に、脳の欲求です。

その戦いに負けないためにも「食欲の秋」のバイオリズムを知り、うまく脳を誤魔化すことができれば、ダイエットの成功も見えてきます。

手軽に始める置き換え酵素ダイエット



口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP