食欲の秋は太る食材の見極めがダイエットの成功を左右する

0

秋の味覚、いろいろありますよね。

夏バテから復活して、脂ののった美味しいサンマでも一口食べれば、「ハッ!」と何か脳が覚醒したようになり、つい食べ過ぎてしまうのはご愛嬌でしょう。

食べることは、やはり素晴らしい人生の愉しみです。

でも暴飲暴食は身体に毒ですし、大敵である肥満の直接的な原因となってしまいます。

それでも食欲がセーブできない人は、せめて太りやすい料理だけは避けるように気をつけないと、肥満街道まっしぐら。

気づいた時には時すでに遅し。「ただのデブ」、人生終了となりかねませんよ。

秋が旬の太りやすい食べ物

うまくできていると思いませんか? 夏は食べる気が失せて痩せるし、かと思っていたら秋には食欲が出てきて、それに合わせたようにいろいろな食材が旬を迎えます。

まるで私たちを太らせるべく、何か大きな存在が謀略しているかのようじゃないですか!

そんな謀りごとに乗せられてはいけません。秋に美味しい、けれど太りやすい食べ物をちゃんと知って、注意深くカロリーモンスターを避けましょう。

ずばり、もっとも危険なのは、「炭水化物」です。私たちが生きるために必要なものではありますが、過剰に摂取しすぎると、たちまち肥満を招きます。

秋の味覚で炭水化物が多いものといえば、大敵・炊き込みご飯でしょう。

その他にも、ちょっと風が冷たくなると味噌ラーメンなんかも恋しくなりますが、それにご飯セットなんてつけてしまうと、危険度マックスの炭水化物のコラボレーションです。

また、うな重なんかもそうでしょうか。土曜の丑で定番のうなぎの旬は、実は秋冬とも言われます。



世間的な注目を外れることから、スーパーでもちょっと安くなりやすいのですが、だからといって2つも3つも食べてドカ食いすると、炭水化物でブクブクに…。

次いでケアしなければならないのは、「脂」です。脂がこってりとのったお肉、如実に太りますよ。それだけでなく、皮脂の分泌量も増えてしまうので、体臭の危険まであります。

そして、炭水化物と肉類を一気に身体に取り込んでしまう惣菜パンというのも、なかなか危険です。カツサンド、コロッケサンド。ファストフード界の秋の味覚、月見バーガーにグラコロバーガーなども、超重量級のカロリーモンスターです。毎年、1個食べるくらいで満足しておきましょう。

秋の秋刀魚の魅力は異常

秋の秋刀魚の魅力は異常

秋の味覚を逆手に取って上手にダイエット!

さて、以上が秋に味覚で太りやすい食材ですが、逆に、どれだけ食べても脂肪にはなりにくい食材もあったりします。

おいしい秋の食べ物を逆手に取って(というと変かもしれませんが)、ダイエットを目指すことも可能です。

まずは、サンマです。サンマはDHAやEPAが豊富で、とっても健康的。

血中のコレステロール値も下げてくれるし、カリウム、ビタミン、鉄分もたっぷりで、疲労回復の効果もあります。注意を必要とするのは脂ですが、よほど過食しない限り、これは脂肪として贅肉になるタイプの脂ではないので、サンマで満腹中枢を満たせば、過食せずに済みます。

野菜でいうなら、これまた代表的な秋の味覚であるキノコ類もまた、健康に良い食材。

キノコの良いところは、糖類の吸収を穏やかにしてくれるということです。また、エリンギやシメジなどのキノコは、そのボリュームの割に、比較的低カロリー。ちょっと食べるだけでも「食べたぁ~」という気分になれるので、総合的な食事の量を減らすのにも一役買います。

果物界からも、秋のダイエット食材がエントリー! そう、梨です。なんとその90%が水分と、ほぼ水、という感じの果物ですが、特筆すべきは梨の食物繊維の豊かさです。

さらに快便生活を応援する「ソルビトール」という、便をやわらかくする成分まで含まれているんです。また、カリウムという水分代謝を上げる成分も含有されているので、利尿効果も抜群。つまり、身体から大小便を出すのに、梨は素晴らしい役割を果たしてくれます。

もちろん、献立を工夫するのが煩わしいという現代人にはサプリメントからこれらの有効成分を摂取するという方法もあります。「それも味気ないし…」という人は、食べても太らないどころか、痩せやすくしてくれる秋の味覚を利用し、ダイエットしちゃいましょう!

手軽に始める置き換え酵素ダイエット



口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP