夏の食欲低下痩せはすぐにリバンウンドしがち。鍛えながら痩せましょう

0

体質本当にどんどん変わるもの。

子どもの頃は夏も冬も関係なく、いつでも食欲旺盛だったのに、大人になると暑い時期には冷たい蕎麦やそうめんのような口当たりのよいものしか喉を通らなくなったりします。

いわゆる、夏バテ。暑さに参ってしまって、食欲が低下すると、自然と体重が落ちていくものです。

これをダイエットの好機と考える方もいるでしょう。

食べたくないから痩せるわけで、それはごく自然なダイエットであり、健康的にも負荷がないものに思われます。

でも、そこに落とし穴が。

夏の食欲低下痩せは、必ずリバウンドするので、注意しなければなりませんよ。

来る食欲の秋を思えば夏痩せは危険かも!?

夏の暑さが盛りを過ぎると、次にくる季節は秋です。風も少し涼しくなってくると、胃袋というのも現金なもので、夏痩せの分を取り戻そうとするかのように食欲を出します。

そうなると、数キロくらいはすぐに太ってしまうでしょう。

しかも、夏というのは基礎代謝が落ちている時期です。ダラダラと汗を掻くからと、誤解してはいけませんよ。

気温が自動的に体温を上げてくれるので、熱を生む必要がない身体はダラけがちになり、代謝を下げています。そこへ、食欲の赴くまま暴飲暴食すると…結果は目に見えていますよね。

そうです。次の時期のことを思えば、一時的な夏痩せにはあまり意味がありません。

一年中スリムな体型を維持するためには、夏にも、正しいダイエットが必要なのです。

正しい夏のダイエット術~鍛えながら痩せる

では、夏の正しいダイエット術とは何か。

それはずばり、「鍛えながら痩せる」ということです。脂肪を燃やし、筋肉をつけながら痩せるという方法です。

ちょっと脂肪を燃やすだけなら、蒸し暑さの中、半身浴でもして汗をダラダラ流せばいいだけですが、それではやはり、筋力トレーニングにはなりません。

筋肉をつけるためには、古典的な方法ですがジョギングやウォーキング、その他腹筋や腕立て伏せなどの筋トレが一番です。

黒生姜がダイエットサポート



ただ、それも運動に慣れない身体で毎日こなそうと思うとすぐに限界がやってくるので、毎日腕をしっかりと振って歩くようにする、というところから始めましょう。

続けられそうなら、ジムに通って水泳をするのも全身の筋肉を使う運動となるので、良いですよ。

最近ではヨガも流行ですね。ゆっくりと身体を動かし、汗も流しながら各部の筋肉を鍛えるヨガは、女性の華奢な身体にもハードな負荷がかからず、続けやすいです。

運動でも食生活でもダイエットは何より「続けること」が大事なので、一時的な体重の増減に一喜一憂せず、とにかく自分に合った、継続できる方法を選んでトライしましょう。

食えば食うだけ結果にコミット

食えば食うだけ結果にコミット

筋肉は重いが代謝は上がる

よく知られた話ですが、脂肪よりも筋肉の方が、その重量は重いです。

よく、体重だけに視点を起きがちなダイエットですが、それは間違っています。

筋肉無しの40kgと筋肉たっぷり50kg、この場合確実に筋肉ありの50kgのほうが、健康的であり、引き締まり痩せているように見えるでしょう。

筋肉がある身体は血の巡りはよく、代謝も良いので、体型を維持するにはその方がいいのです。

見た目にも、適度な筋肉がついた身体はしなやかで健康的。身体のキレもまるで違います。

特に多くの女性は、その肉体構造的に、どうしても男性よりは筋肉量が乏しい傾向にあります。

つまり、そもそも、男性と比べると代謝は良くないのです。そのため、血流も滞りやすく、手足の末端の冷え、あるいは各部の「むくみ」という問題が発生してきます…。

だからこそ、単純なダイエットでなく、筋力を動かすことも意識したトレーニングが必要とされるのです。

すでに冷え、むくみという現象が出ている場合には、生姜湯などを飲んでその都度対応するのもいいですが、実は、筋トレをした方が根本的な解決になります。

ただ、筋トレは一日にしてならずです。筋肉の細胞は破壊しては修復されを繰り返し増強されていくので、しっかりと密なマッスルがついてくるまでには、いくらか時間はかかってきます。

筋トレはリバウンドしないダイエット術ではありますが、夏の短期集中型のダイエットでは、置き換えダイエットなどの別の方法も検討し、効率的に痩せる事も視野に入れる必要がありそうですね。

手軽に始める置き換え酵素ダイエット



口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP