お花見デートで獣みたいな頭皮臭がした瞬間、恋も桜も一瞬で散るという現実

0

春デートの定番といえば花見でしょう。

デートと言わず、社内の仲間と、あるいは友達なんかも一緒に出かける日本の風物詩ですね。

ファッションにも気合が入ります。メイクだって春仕様に。

けれど、それだけで十分ですか? 身だしなみの一部に、ヘアケアも取り入れ、頭皮臭対策をしておかないと、淡い思い出になるはずの花見は、突然、一生傷の癒えぬおぞましき思い出になりかねませんよ。

あなたの髪に降りかかった桜の花びらを彼が摘んだ、ドラマチックなその瞬間、むわっと「激烈野良犬のような獣系頭皮臭」が鼻腔を刺激した…

『クッサ!マジクッサ!頭皮くっさ、激くっさ!!』、今まで沸騰手前だった恋が瞬間冷却されてしまいますよ。

大変なことになる前に、まずは自分の頭をこすってクンクンしてみて下さい。

ほら、臭いでしょ?野良犬のような臭いを発してますでしょ?

という事で徹底ケアが必要です。

さくら・さくら・さく…くさいよ頭皮

さくら・さくら・さく…くさいよ頭皮

ヘアケアは「髪だけ」にならないように

お花見の前には、よくよく入念なヘアケアを。爽やかな春の日差しに、女性の髪も美しく輝きます。

それをもっと魅力的に見せるためにも、直前にはいつもより時間をかけてお手入れしたいものです。

枝毛のカットはもちろん、前髪の微調整も。コンディショナーもちょっと多めに塗りこんで、髪に艶が出るように――。

そして当日、ばっちりとヘアスタイルが決まれば、「桜になんか負けない!」と自信も出ますね。

けれど、そういう努力はすべて、髪をただ「きれいな感じに見せるだけ」です。望ましいのは、直前になって焦ってそのようなコーティングをするのでなく、普段からいろいろなことに気を付けて、頭皮から美しい髪を作ることに違いありませんよね。

実は、頭皮というのはとてもデリケートな部位です。なんとTゾーンの二倍以上の皮脂が分泌されるので、常にオイリー。皮脂は、空気に触れて酸化すると強い臭いを放ってしまうので、悪臭の危険にも繋がります。

朝シャンをしても、いや、朝シャンをした日の方が夕方の頭皮の臭いが気になるというのは、実は根拠のないことではありません。

朝、脱脂力の強い市販のシャンプーで頭皮の皮脂が奪われると、脳は「このままでは雑菌の侵入を許してしまう!」と勘違いして、そこからジワジワと多量の皮脂を分泌させます。それが、夕方の頭皮の臭いの正体なのです。

そのような悪臭の発生メカニズムを考えるなら、シャンプーは脱脂力の弱いアミノ酸系などで頭皮に優しく髪を洗うのがベストです。

また髪はアミノ酸からできているものでもあるので、常日頃からシャンプーを使って補給してあげれば、ハリ・艶も変わってきます。



汗かく花見では臭いケアがとにかく大事

お花見というのは、意外に汗をかくレクリエーションではないでしょうか。

たくさん歩いて、たくさん喋って、温かい日差しの下でお酒も飲んで身体も火照れば、頭皮にはだんだんと汗がにじんできます。

日が暮れて、いい雰囲気になり、「そろそろ」という感じになっても、そのときに頭皮の臭いが気になるようでは、安心して彼にもたれかかることもできませんよね…。

お花見の「その後」のことも考えるなら、臭い対策にはいっそう、意識を高く持って取り組む必要があるでしょうね。

たとえば、頭皮に吹くタイプの芳香剤を使って、臭いを消してしまうとか。

朝、軽くシュシュッとやってくるのもいいですし、不安ならばバッグの中にも忍ばせておいて、臭いが気になってきたらお手洗いでも吹きつけるといいでしょう。

それから、お花見の当日に食べるものはもちろんですが、前日、前々日あたりから、プチ摂生しておくのもいいかもしれませんよ。

というのも、髪というのは実に、食べたものの臭いの影響を受けやすいです。ニンニクや焼肉なんかを例にとればわかりやすくて、髪はそれ自体、臭いがつきやすいですし、食べたものの臭いは頭皮の毛穴からも発散されますから。

お花見の前には、なるべく臭いの強いもの、脂っこいものは避けてくださいね。

女性にとってはもちろん、男性にとってもお花見というのは、恋人との大事な、大事なイベントです。

自分自身がストレスゼロで楽しむためにも、そして、パートナーに「女性の髪の良い香り」をプレゼントして喜んでもらうためにも、頭皮の臭い対策は大事ですね。



口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP