うららかな春の日差しに輝く髪…でも臭う! チョベリバ頭皮臭に自覚はある?

0

柔らかな日差しの中に、女性の髪は、いつもより美しく輝くかのようです――。

優美に流れる髪は、男性だけでなく、女性でさえも心惹かれるでしょう。

言うまでもなく、女性にとって髪は「命」です。

当たり前のことながら、みなさん日常的に、丁寧なケアを心がけていることでしょう。

でも、そのお手入れが表面的なものに終わっていれば、心配なところもあります。そう、それが…「頭皮の臭い」。

髪が長い女性から、あの独特なムワッと臭うチョベリバオイニーが発せられていたら…残念ながら、その段階でゲームオーバー。

髪がクサイ、こ汚そうな奴というレッテルを貼られてしまいます。

髪だけをケアしても仕方ない

さらさらの髪を作ることは、そこまで難しいことではないかと思います。

もちろん髪質などはいろいろあって、深く悩んでいる方も多いでしょうが――市販の高級アルコール系シャンプー、トリートメントを使っていれば、少なくとも表面的にはサラサラになります。

ただし、それはあくまでも見た目だけのことです。すでに伸びきっている髪のケアには適切かもしれませんが、次に生えてくる髪、あるいは頭皮のことを考えたときには、一般的なヘアケアだけでは、実は不十分。

というよりも、市販の高級アルコール系シャンプー(「高級」というと高価というイメージですが、実にどこにでも売っているような普通のシャンプーです)は、まったく頭皮のことを考えた作りにはなっていません。

泡立ちがよく、汚れも落ちるし、安い。メリットもあります。だだ、髪や頭皮にとっては、それはメリットではないんです。

何より問題なのは、頭皮の皮脂を落とす「脱脂力」が強すぎる事。

もともと、頭皮には最近の繁殖を防ぐためにも、ある程度の皮脂が必要なのですが、その必要最低限の量の皮脂も高級アルコール系シャンプーは洗い落としてしまいます。

その結果、皮脂が不足して雑菌の侵入を許してしまったり、あるいは「なんとかしなくちゃ!」と思った脳が過剰に皮脂を分泌させて、それが酸化して強い臭いが発生するという逆効果を生みます。

頭皮のケアを考えたときには、市販のシャンプーというのは、あまり適さないのです。



「美髪は頭皮から」をいつも心に

美しい髪は、良い頭皮から生まれます。

良い頭皮というのは、しっかりと皮脂量がコントロールされた状態のことですね。皮脂が少なすぎもせず、多すぎもしない。それくらいが、実は髪もきれいになりやすく、また頭皮も臭わないというベストコンディション。

皮脂といえば臭いや吹き出物の原因というイメージもあるでしょうが、実は、そればかりというわけでもなく、頭皮を守るためにもある程度は必要なものなのです。

「美髪は頭皮から」と肝に銘じて、あえて脱脂力の弱いシャンプーを使うというのが髪にとっては「本当の美容」です。では、それに適したシャンプーとは、具体的には――?

消臭したるで!

消臭したるで!

万全の頭皮ケアにアミノ酸シャンプーなどを取り入れる

上で触れたような「ベストコンディションの頭皮」を作るためには、まず、これまで気に入って使ってきた高級アルコール系シャンプーを手放すところから始まります。

そして新たに使い始めるべきは、たとえば各社から出ているアミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーというのは、脱脂力が弱めで皮脂を必要以上に洗い流しすぎず、そして頭皮に必要なアミノ酸を直接的に浸透させられるシャンプーで、優しい洗い上がり。

脱脂力の弱さというのはそのまま洗浄力の弱さということでもあり、若干泡立ちなども悪いため、これまでのシャンプーと比べると使用感が違うかもしれません。

ですが、髪についた汚れやほこりなどの除去には、それくらいでも特に問題はなく、むしろ過剰に洗いすぎるよりもずっとマシ。

その他、頭皮のケアをしっかりと考えたシャンプーというのはいろいろあります。

たとえば「キュアラフィ」。頭皮の臭いを徹底的に抑える成分と、自宅でヘッドスパ同等のケアができるんです。

また頭皮のサラサラが持続するのも特徴で、一日中快適な頭皮ですごせます。

もちろん髪にも優しい成分も多数配合。天然成分由来で髪にも潤いを与えてくれます。

春の日差しに静かに輝く美髪を目指して――何もアミノ酸シャンプーが必ずしも万能というわけでもないので、自分の年代や髪のコンディションも考慮に入れて、今春のお風呂では「頭皮ケア」をテーマにやっていきましょう。



口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP