夏の終わりに老け髪ババアになりかねませんよ。夏場は髪と頭皮を徹底保護!

0

夏バテするのは、身体だけじゃありません。連日、地獄のような暑さが続けば、心だってぐったり。

心身ともに疲れきって、ふと鏡を見てみれば、ああ、髪だってパサパサ――。

そうです。女性の命である髪だって、日焼けや、頭皮の環境悪化で夏バテするんです。

特に、夏でも元気に外を出歩いたり、海水浴を楽しんだりするという女性は、紫外線を浴びるままになる髪と頭皮は入念にケアしなければならないでしょう。

男性だって同じ。髪が短い男性にとっては頭皮を痛める絶好のチャンスとも言える夏。ハゲ街道まっしぐらの夏とも言えます。

髪の夏バテ予防にUVカットシャンプー・トリートメント

水分を失ってバサバサ。枝毛、切れ毛だらけで、もう、目も当てられない…。

無策で夏の日盛りの中を遊びまくれば、最後にはそんな状態になることは目に見えていますよね。だったら、知らないふりをしていないで、やるべき対策はちゃんとしましょう。

紫外線から美髪を守るための予防法は、UVカット効果のあるシャンプーであり、トリートメントです。

「いつも使ってるシャンプーとかは変えたくない…」という人は、それならば紫外線をカットするヘアミストを使うといいでしょう。

ただ、それらはあくまで紫外線に対するヘアケアです。「これで髪の健康はすべて守られた!」というわけではありません。

本当に夏バテから頭部を守り、美しく流れるような黒髪を作りたいなら、髪だけでなく、頭皮に対する労わりも持たなければならないのです。



頭皮のケアはヘアケアとは別物!

髪はどこから生えてくるか? ――言うまでもなく、頭皮です。

つまり、本当にヘアケアというのは、頭皮ケアなのです。というよりも、頭皮ケアこそが本当のヘアケアになる、といった方がいいかもしれません。

髪を守るには何より「その根元から」というわけですね。農作と同じ。作物を豊かに実らせるには、その土壌から…。

では、どのように頭皮をケアするのか、という問題です。これは、二つの観点から考えなければなりません。それは「皮脂」の量、そして、髪の生成に必要な「栄養」の量です。

特に大事なのは、皮脂の量でしょう。普通の状態でもTゾーンより2倍近い脂が分泌される頭皮ですが、頭皮を守るためにも皮脂の分泌は必要。

でも、その分泌量のバランスが崩れ、脂ギッシュになると問題がでてきます。

多すぎるとニキビや吹き出物、悪臭の原因になります。少なすぎて乾燥状態になると、雑菌の繁殖を許してしまい、また、あとから過剰に分泌される皮脂で臭いなどの問題が生じます。

続けて、頭皮にとっての「栄養」ですね。毛母細胞から発育する髪は、アミノ酸を栄養に育ちます。美髪を育てたいなら、すなわち、アミノ酸シャンプーなどを使って頭皮に直接的にその栄養素を浸透させてあげるといいでしょう。

さて、では皮脂の量の調整に関して、どうすればいいか。…難しいところですが、脂っこい食事は控えて、シャンプーの回数は1日2回程度までにする、というような対策で、ある程度まで良い状態に持っていけます。

それでも「やっぱり臭いが気になるかな…」という場合には、ヘアミストなどを使って頭皮に潤いを与えれば、かなり軽減できますよ。

頭皮が痒いし臭う時のリアクション

頭皮が痒いし臭う時のリアクション

次の季節の髪をより美しくするために…

降り注ぐ紫外線と、多量ににじみ出てくる皮脂で、夏のヘア(そして頭皮)コンディションというのは、どんな女性でも危機に瀕しています。

まあ、そうはいっても細かいことはある程度気にせずに、遊びまくってこそ夏!どうしたって多少のダメージは避けられません。

多少のダメージは許容しつつ、秋に備えてできるだけの対策はしておきましょうね。

髪のUVカットグッズ、そしてシャンプーやヘアミストを使っての頭皮の皮脂コントロール。

それが、新たに伸びてくる髪質を左右します。夏が終わりと共に、髪もパサパサ…なんて、悲しいことにならないためにも!



口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP