夏のそよ風におう頭皮。絶対にしておくべき夏の頭皮ケア

0

夏がやってくると気になるのが、身体の臭いです。

誰にでも一定程度はあるものですが、だからといって「自然なこと」と割り切るのは…特に女性にとっては難しいですよね。

とりわけ臭いやすい箇所というのは、みなさん個人的に「ここ」と感じているところがあるかと思いますが、脇汗などを重点的にケアしても、忘れてしまいがちなポイントがあります。その1つが――そう、頭皮です。

頭の臭いって、「毎日洗っていれば何とかなる」と思い込んでいませんか? いえいえ、そんなことはありません。暑くなると臭いやすくなることにも、ちゃんと理由があります。

夏の頭皮は皮脂でぎっとり…だから臭う!

暑い季節は、体表から分泌される皮脂の量も、普段より増えます。これは、誰もがそうです。「私はそんなに脂性じゃないから」という人も、皮脂の量はいつもより増えています。

おそらく、誰もがそれは実感として知っていることでもあって、額や鼻の脂には注意していることでしょう。アブラ取り紙を使ったりもして。でも、一度でもそのペーパーで頭皮を拭ったことはあるでしょうか? ――どうぞ、試してみてください。きっと驚きます。

というのも、頭皮は実に、Tゾーンの二倍の皮脂が分泌されるといいます。

そう、超アブラギッシュ。

そして皮脂というのは、空気に触れて酸化すると悪臭を漂わせます。つまり、普段より頭皮の皮脂が多く分泌されがちな夏は、悪臭の警報も鳴りやまない時期なのです。



皮脂量のコントロールが臭いを予防する

これまで、まるで皮脂を悪者のように語ってきましたが、そんなこともありません。人体から分泌されるものには、たとえ汗でも血でも涙でも、必ず何かの意味があるものです。

では皮脂はどんな働きをしているのかといえば、「雑菌の侵入を防いでいる」という答えになります。

つまり、すっかり洗い流してノンオイルの状態にすればいいわけでもありません。そのような乾燥状態はむしろ、雑菌に対して脆弱で、あらゆる肌トラブルの原因になります。

つまり、皮脂は適量残して、なるべく臭わないようにするというのがベストなのです。

そういう意味では、臭いが気になるからといって、何度も何度も髪を洗うというのも正しい対処法ではありません。

頭皮が乾燥状態になると、むしろ過剰に皮脂が分泌されることもあります。そうなると、夕方近くに「満潮」となった皮脂が酸化して、悪臭を放ちます。

では、皮脂量を適切に調整するためには、どのようなことを心がければいいのでしょう?

頭が痒いぃぃぃー、さらに臭えぇぇぇー

頭が痒いぃぃぃー、さらに臭えぇぇぇー

夏にはシャンプーやケアグッズを見直してみよう

とりわけ皮脂がギトギトといつもより多めに分泌される夏は、シャンプーでのケアにすべてがかかっていると言っても過言ではないでしょう。

脱脂力の強すぎるシャンプーでの洗髪は、ちょっと危険です。なるべくマイルドで、特に泡立ちもいいわけではないようなシャンプーをあえて使って、そして髪を洗う回数も1日2回程度までに収めましょう。

気分的には「ちょっと洗い足りない」という感じでしょうが、頭皮の乾燥・臭いを防ぐには、それくらいが一番いいみたいです。

それでももし臭いが気になるようならば、最近は頭皮に吹き付けて潤いを与え、皮脂の分泌を抑えるというアイテムも出ています。

爽やかな「女性らしい香り」がするミストもあるので、無臭よりはいい匂いがする方がいいという人は、これを選ぶといいでしょう。

誰しも多少は臭う夏。でも、それに甘えることもなく、全身くまなく体臭対策ができている女性というのは、魅力的です。

ライバルに差をつける美容を徹底したいなら、夏の頭皮の臭い対策も万全に。誰よりも爽やかに、年々暑くなる日本の夏を乗り切りましょう。



口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP