頭皮や髪を容赦なく痛めつける真夏の凶悪紫外線の攻撃力は半端ない!

0

盛夏――連日の強い日差しに、肌もこんがり焼けてしまいます。

日焼け止めクリームをしっかりと塗って対策しなければ、年を取ってからシミがぽつぽつと…

そんなの、絶対に嫌ですよね。紫外線対策にはとにかく気を付けている女性も、きっと多いことでしょう。

けれど、それが肌を守るだけの対策に終わっているなら、不十分かもしれません。日差しで焼けるのは、顔や首や腕だけではないですよ。髪もまた、日に焼かれているんです!

髪の日焼けが招く3つの恐怖

激しい日差しに晒されるままになった髪には、次に挙げる3つの恐怖が忍び寄ります。そのときは気にならなくても年を取ってから差が出てくるので、注意深くケアしましょう。

◎髪が色褪せてしまう

紫外線は髪の色素(メラニン)を分解してしまうことをご存知でしょうか。私たち日本人の髪は一般的に黒いですが、よくサーフィンやスキーなんかをする人の髪は、地毛もだいたい茶色いですよね。

あれは、紫外線によってメラニンが分解されているから。紫外線によって髪の色が褪せて、赤茶色っぽいような具合になってしまうのです。

特に度々ヘアカラーをしている髪は、褪色しやすいと言われます。紫外線を防御するメライニン色素が薄くなっているヘアカラー後の髪は日焼けしやすいので、注意しましょう。

◎枝毛・切れ毛が増える

髪のもっとも外側を覆っている部位を、キューティクルといいます。これが紫外線によってダメージを受けると、剥がれ、髪の中の潤いやタンパク質が漏れ出してしまい、乾燥してしまいます。

キューティクルの剥落は枝毛、切れ毛、抜け毛に繋がってくる脅威です。

あべし!!

あべし!!

◎頭皮の老化が進んで白髪が増える

紫外線をたくさん浴びると、加齢とは関係のない「光老化」という現象が進行します。これは顔や腕のお肌だけでなく、頭皮にも起こり得ることです。髪を作る元となる「毛母細胞」が紫外線に傷つけられると、白髪が増える原因にもなるので、対策は欠かせません。



帽子をかぶる以外に髪の日焼け対策はできる?

基本的に髪の日焼けは、帽子をかぶって対策するのがベストです。ただ、ずっと帽子をかぶり続けることの危険性については、従来、指摘されている通りでもあるのですが――。

最近はそれ以外の対処法も出てきています。たとえば、UVカット機能つきのシャンプーやトリートメントを使うという方法です。こだわりがあって「そのへんは変えたくない」という女性は、UVカットスプレーを使って日焼けを防ぐという手もあるでしょう。

ただし、スプレーに関しては体質に合う・合わないもあります。特に、一般的に効果が高いと言われているものは成分が強いので、パッチテストをしてから使用してくださいね。

頭皮のダメージと臭いの発生も予防しよう

髪の日焼けはもちろんですが、頭皮のダメージもなんとかカバーしたいものです。

夏の頭皮は汗と皮脂でナメクジが歩いたかのようにヌルヌルの状態。雑菌が繁殖して、毛穴、毛母細胞を蝕めば、ニキビが発生したり、髪が痩せ細ったりという問題が出てきます。

だからといってガシガシと何度も洗えばいいわけでもありません。脱脂力の強いシャンプーを使うと、逆効果で、もっとたくさんの皮脂が分泌され、状況が悪化する危険もあるので要注意…。

シャンプーはなるべくマイルドな洗い心地のアミノ酸シャンプー、その他にも「キュアラフィー」などの、臭いケアまできちんとできる一本を選びましょう。

こだわりがあってシャンプーは変えたくないという人も、夕方になって頭皮が臭ってくるのが気になるなら「クリアハーブミスト」などでケアすべし。

頭がプーンと臭うなんて、女として本気ダメダメっすよ。

今年の夏は「髪の日焼け」と「頭皮のダメージ(臭い)」を重点的にマークしましょう!



口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP