ハロウィンで着ぐるみ脱いだら臭いがひどい コスプレなんてとんでもない!

0

近頃は日本でもハロウィンの仮装を楽しむ人が増えてきたみたいですね。

「大体、何が発祥か知らないくせに」と言って難しい顔をしている人もいるようですが、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃソンソンという感じで、まずはライトな仮想などで気楽に楽しめばいいかと思います。

とはいえ、最近では会社ぐるみや、仲間内で本格的な仮想でハロウィンパーティーに参加する事も多いそう。となると、普段から自分がクサイ事に自覚がある人は、「臭い対策が面倒だな…」と思ってしまいますよね。

あの手の衣装というのは、サンタ服やナース服なんかでもそうですが、大体は生地が悪くて肌にチクチクとし、不快で変な汗が出てしまいます。さらにムワッと臭ったりもして…。雑巾臭やワキガ臭を撒き散らしてしまった場合、地獄のハロウィンパーティーとなってしまいます。あなたの周りがリアルにゾンビ化してしまうかもしれませんよ?

ハロウィンは慰霊祭 クサイなんて失礼です

ハロウィンというのは、もともと慰霊祭のようなもので、死者がこの世に戻ってくる日のことです。だから生者もゾンビのような仮装をして、彼らを歓迎するわけですね。

そんな謂れは知らずに、なんとなくコスプレが公然と認められる日だから仮装するというノリの人も多いでしょうが、まあいずれにせよ楽しいイベントなので、はしゃげばいいんです。

けれど問題なのが、その手のコスプレ衣装。どこまでも安っぽいじゃないですか。ドン*ホーテなんかで買ってくるゾンビ服なんて、それこそメイドイン地獄かと思うくらい肌触りが最悪ですよね。

あの通気性の悪さや、ザラザラ感は不快そのものです。それだけで変な汗が出てしまうし、歩いていたら、タラタラと服の中を垂れてきたりもして…。

熱いわ蒸すわで、流れでた汗はやがて激臭に!汗臭対策を怠ると、本当の地獄体験を味わうことになりかねません。そして、クサイ臭いを撒き散らしてしまっては、慰霊祭なのにモンスターたちもに失礼ですよ。

ハロウィンに限らず、ストレスを感じずにコスプレするためには、臭い対策がとても大事なのです。



ちなみに安っぽいコスプレ衣装の素材感が気になる人は、その下にはちゃんと綿の長袖Tシャツでも着て、肌と衣装が直接触れる面積を小さくすればいいでしょう。また、一度柔軟剤につけて洗濯することで、肌触りが改善されるとの情報もあります。ちょっとした工夫で、肌のチクチク感が気にならなくなり、汗の量も軽減されるはずです。

レスリング無差別級メダリストにコスプレしてみた

レスリング無差別級メダリストにコスプレしてみた

ナチュラルに汗を抑える方法とは

汗を抑える方法というのは、いくつかあります。

若干荒業ですが、体内の水分の量をいつもより少し減らしてみるなどはいかがでしょう。熱い時は、どうしても無駄にガブガブ水分をとりがちです。その際に喉が渇いた際にがぶ飲みは控え、そもそも身体の中に余分な水を溜めこまないようにすれば、必然として発汗量も少なくなるというわけです。

でも、あまり水分補給を我慢すると秋でも脱水症状の恐れがあるので、そこは気を付けて下さい。そして喉が乾くと口臭にもつながりますので、ガムやアメなどで唾液の分泌を促しましょう。

それから、サプリメントを使って汗を抑えるという方法もいいでしょう。たとえば、アセッパーなどのサプリは発汗を抑える上、その臭いも軽減するとの事で、幅広い年代の女性から人気となっています。中にはパートナーと一緒に使っているという人もいるほど人気なんだとか。

その他、より徹底的に汗を防ぐ方法がないわけではありません。たとえばプロバンサインという医薬品を使えば、よほど多汗症の人でない限り、ぴたっと汗が止まってしまうと言います。

しかし、もちろんそれだけの効き方をするのは強い薬だからで、副作用もたくさんあります。粘膜(喉、目)などの乾き、火照り、頭痛などなど…。そんな薬に頼るのは、やはりちょっと考えもの。それならば、最初からハロウィンのコスプレなんか無視してしまった方が健康的です。わざわざ薬に頼ってまで参加するほどのことでもないはず。

忘れてはいけないのは、「汗は体温調整のためにも人体に必要」ということです。あまり不自然なかたちで強制的にブロックすると、それはそれで体調を悪化させるので、水分補給を多少控えめにしたり、サプリメントを使ったりといった方法でケアするのが一番です。



口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP