体臭対策は爽やかな春風に溶け込むための初歩的なエチケット

0

女性の美しさがひときわ輝く春――爽やかな季節に溶け込むための準備はOKですか。

春物アイテムを揃えて、ヘアスタイルも変えて、これで問題無し、と思っている方、もちろん体臭ケアもお済みですよね。

初歩的なエチケットではありますが、「まあ大丈夫だろう」とみなさんおろそかにしてしまいがちです。

一般的に臭いやすいと言われる箇所、ワキや耳の裏などを確かめて、自分で少しでも臭いと思ったら、それは他人には「激臭」かもしれませんよ!?

知らないところで、「あの人、きれいだけど…」なんて言われてたら、最悪です。

春は特に臭いが目立ちやすい!

冬と比べてその冷たさはいくらか緩み、世間に冴え冴えとした空気が満ちる春は、臭いが悪目立ちしやすい季節ではないでしょうか?

冬は服も厚手のため、万が一臭ってもカバーできますし、夏はみんな汗だくだから多少臭っていても目立つものではありません。でも春は、薄着にもなり、さらに爽やかな春風が舞うわけで。

うららかな日差しの中を歩いていると、外気は寒くても、だんだんと温まってきた身体は体温調節のために発汗します。

一般的に運動不足となる冬を超えて、春に掻く汗というのは、体内にわだかまった老廃物を含んだ「濃い汗」で、臭うんです…。

そういう意味で春の体臭対策というのはとても、とっても大事です。

春風に乗せて激くさ体臭を流しこむなど言語道断

春風に乗せて激くさ体臭を流しこむなど言語道断

重点的にケアしたいワキと「ぞうきん臭」

誰もが気になる臭いポイントといえば、やはり、ワキでしょう。エクリン腺からでる汗は大量ですし、常にぎゅっとワキを閉じた状態でいると蒸れて乾くことがないので雑巾臭となってムワッと香ります。

一般的なワキの汗臭を防ぎたいならば、市販のスプレーなんかでも間に合うでしょう。ロールオンタイプのものも、最近は人気みたいですね。

それから、いわゆるワキガ体質の人はさらに不安ですよね。

ワキガの臭いの発生メカニズムは、エクリン腺、いわゆる普通の汗とは違います。

専用のアイテムでなければケアできません。ワキガ菌である、コリネバクテリウム菌がアポクリン腺からでる汗を分解しながら増殖します。つまり、この菌を殺菌できる専用アイテムおよび、アポクリン腺除去でなければ、その臭いを抑えることは難しいのです。

傷跡が残ることなどを考えると手術に踏み切るのも勇気がいるので、有効なケアグッズでひとまずは乗り切りましょう。

それから、大酒飲みの女性は気を付けてください――まあ、最近の若い女性にはあまりいないかもしれませんが、普段からたくさんお酒を飲んでいると、毒素を分解する肝臓がテキメンに痛めつけられます。

その結果、老廃物が身体から排出しにくい体質になり、身体のどこと言わず全体から、むわっとした「獣臭」が発散されます。この獣臭は、肝臓の解毒作用が低下したり、飲酒により、腸内環境が悪くなり、悪玉菌が増加する事で起こるもので、臭いの原因はアンモニアなどと言われます。

といっても、ある程度までは自己治癒能力で肝臓も良くなるので、お酒が好きというタイプの方も、飲酒を控える日を週に2日も作ったり、乳酸菌を多く摂取する事で「獣臭」の発生は防げるでしょう。

全体的な汗のケアも大事です!

重点的にケアしたいのはワキや耳の裏といった汗をかきやすく、アポクリン汗腺が活動していることも多い部位ですが、それでなくても春は、上でも触れたように何気によく汗を掻く季節。

それが老廃物や脂肪分を含んだ「濃い汗」の場合は、ともすれば毒ガスレベルの臭いとなり発散されてしまいます。

これを防ぐためには、やはり運動の習慣をつけることが大事です。いつも身体を動かしているアスリートの汗はサラサラで、臭いにくいと言います。

そこまでハードに運動するのは難しいでしょうが、毎日10分~20分程度のジョギングの習慣をつけるだけで、体質も多少は変わります。少し汗を掻いたくらいでは臭わなくなっていきます。

とはいえそれも、忙しい社会人の女性には簡単ではないでしょう。それならば、汗の臭いを抑えるサプリメントを普段から飲んで対策するというのもアリです。

体質的に汗っかきという人には、いくら食生活や運動に気を付けてもその分泌量や臭いを防ぐにはあまり効果がないでしょうし、そこはサプリの力を上手に利用するほうが楽だし簡単と言えます。

口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP