食べ過ぎて悪臭ただよう秋の口 食欲の秋こそ徹底的な歯周病対策を

0

秋は食べ物がおいしい季節ですよね。夏のあいだ、ぐったりしていた胃袋も回復して、ついつい食べ過ぎてしまうことだってあります。美の大敵である肥満も引き起こしやすい時期として、警戒している人もいるでしょう。

けれど、それとは別に気を付けなければいけないのが、それは「歯周病」とそれに伴う口臭です。

毎食後に歯磨きをしているからといって油断してはなりませんよ。一般的に、私たちの歯磨きはとてもアバウトなものだとお医者様も指摘しています。

旬の食材の食べ過ぎが歯周病を招く

秋になると木々の葉が紅葉するように、次々とおいしい食材が熟して、旬を迎えます。

りんごや柿といった果物だけでなく、さんまをはじめとする海鮮、それからお肉もおいしい季節です。夏痩せを取り戻そうとするかのように、次々とぱくついてしまいますよね…。

ジューシーで脂っこい食べ物は肥満の危険を招く大きな危険要素でもありますが、ダイエットと同時に意識したいのはオーラルケアです。

食べ過ぎると当然、口の中にはカスが残りやすくなり、それは歯間や歯周ポケットに詰まって、バイ菌を繁殖させます。

「でも毎日歯磨きだってしてるし…」というのは、甘い考え。広く世間の人々がしている歯磨きというのは、本当に、一通りのものでしかありません。歯を横にゴシゴシと擦るだけで除去できるのは、表面に付いた食べカスだけです。

繁殖したバイ菌は虫歯の原因ともなり、神経を蝕んで激痛を招くこともあれば、歯茎に嚢胞を作り、口臭の原因となることもあります。

今、ご自身の歯茎を上下にすーっとなぞってみて、いかがでしょうか? プクッと腫れている部分があれば、それは歯茎の中が腐って膿がたまっている証拠かもしれません。

とにかく、日本は口臭に甘い国と言えます。まさに口臭後進国ジャパン。海外ではデンタルフロスで歯のカスを取る事は、まさに常識です。しかしながら、日本ではまだまだそういった週間が浸透していない気がします。

爪楊枝でシーシーとカス取りするおっさんのほうが、何もしないよりまだマシ。とりあえず、歯のカスを取ることだけは習慣つけましょう。

歯間の掃除をするだけで、口臭予防に絶大な効果が

歯間の掃除をするだけで、口臭予防に絶大な効果が

歯磨きだけでは歯周病予防にはならない!

現在、歯医者さんの数というのは、実はコンビニよりも多いと言われています。単に歯を磨くだけですべての歯周病が予防できるなら、そんなにたくさんの歯医者は要りません。

歯磨き時には歯間や歯周ポケットを意識したブラッシングが重要ですが、何よりも怠ってはならないのが「舌磨き」です。

鏡の前でベーッと舌を出してみてください。白い苔のようなものがこびりついてはいないでしょうか?

それは「舌苔(ぜったい)」を呼ばれるもので、バイ菌の塊です。

いくらきれいに歯を磨いても、舌苔が残っている限り、歯周病のリスクは常に付きまといます。

歯槽膿漏や歯根嚢胞などで口臭を発生させないためにも、舌のケアはとても、とても大事です。

ちなみに、年を取るほど舌の運動能力は落ち、苔が付きやすくなると言われているので、女性も20代も後半を迎えてからはいっそうそのケアに手を抜くことはできません。

臭い対策にはサプリが必須かも

おいしい秋の食べ物を思う存分食した後には(そして、できれば食前にも…)、しっかりと歯磨きと舌磨きを。

けれど、それでパーフェクトな口臭予防になるかといえば、そんな単純な話でもないみたいです――。

というのも、私たちのお腹の中には、常に便として排出される前の食べ物が、いわば生ゴミのような状態で入ったままになっています。それらが臭い立てるのを防ぐためには腸内環境のケアも欠かせません。といって、まさかお口に手を突っ込んで洗うわけにもいきませんよね…。

そこで登場するのが、各種のサプリメントです。腸内に溜まった未消化の食べ物の臭い発生を防ぎ、便としての排出を早めるサプリが、各メーカーからリリースされています。

中には、悪臭を封じてバラの香りをさせるサプリなんてものもあります。

単なるエチケット以上の、女性としての魅力をも増幅させるサプリです。「口臭予防のため」と思って飲み続けるのは面倒ですが、「最低限のエチケット」そして「女子力アップのため」と考えれば、気楽に続けられますよね。

口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP