香水と汗やワキガが混じった臭いは毒ガス級の悪臭に!内面からいい香りを目指そう

0

バラは、女性の美しさを喩える言葉としても用いられる花です。「きれいだけれどトゲがある」という皮肉として使われることもありますが、一般的には美しい花の代表格でもあるバラといえば、春の風物詩。赤、白――様々な色合いの鮮やかな花弁を広げ、風景を彩ります。

その素晴らしい香りも特徴的で、「ローズ**」という芳香グッズは世間にたくさん出回っていますよね。でも、最近は「スメルハラスメント」の一環として、強すぎる香水も忌み嫌われつつあり、あまりプンプンとバラの香りを漂わせているのもよろしくはなさそうです。

それこそ本来のバラの花のように、さり気なく匂う、という程度がベストでしょう。

香水は汗臭とミックスされると毒ガス級に最悪

今では、かつてのように香水の匂いを漂わせる女性は少なくなってきたような気がしますね。香水や制汗剤は、それ自体は良い香りですが、汗や皮脂の酸化した体臭と一緒になると、不快な「合体臭」を発生させてしまいます。

それがワキガなどの強い臭いであれば、なお悲惨なことに――。

しかし、もともとワキガを発生させるアポクリン腺は「性腺」とも呼ばれ、あの独特の臭いはフェロモンとも言われていました。その臭いと香水をあえてミックスさせて、かつての好奇な身分の女性は男を誘ったとも言います。

もっとも、今ではそのフェロモンを感じ取る機能が人類全体で退化しつつあるそうで、ワキガ臭を含めたあらゆる体臭と香水などの「合体臭」は、私たちの実感としても良い香りとは思いにくいところがあります。

さらに日本は、汗の臭い、とくにワキガ臭に対しては抵抗のある人がほとんどで、フェロモンどころの話ではありません。大抵の人は、クサ!っと敬遠するのが日本の実情です。

バラの可憐な香りも、やはり全身から強く匂わせるのは控えた方が良さそうです。

汗と香水が混じった時の毒ガス度は半端ない。鼻が曲がるニャ

汗と香水が混じった時の毒ガス度は半端ない。鼻が曲がるニャ

バラの香りはお口から

しかし、あくまでさり気なく、エチケットとしてバラの香りを取り入れるのはアリでしょう。たとえば、食べたものに影響されて臭ってしまいがちなお口から、ふわっとバラな香りがする、そんなのが理想です。

誰も不快な思いをしませんし、むしろ、匂いを嗅がされた方も爽やかな気持ちになるでしょうし、とてもエレガントです。

とはいえ、もちろんバラをパクパクと食べるわけにはいかないので、サプリメントを利用することになります。

以前からそのように体内からバラの香りがするというサプリはありましたが、効果が少々強すぎて、「さり気ない」とは言えないレベルで全身の毛穴からムンムンと臭ってしまうという問題があったようです。

でも、今はそのあたりの成分量もうまく抑制されて、品ある香りを漂わせるサプリが数多くリリースされています。

「気分良好 薔薇の粒」は美容成分もたっぷり

サプリを使って、お口をバラの香りで彩りましょう。でも、種類が多すぎて何を選んでいいかわからない人も多いはず。いずれも、「お口からバラの香りがする」「便臭が解消される」という効果は共通していますが、だからこそ横並びで、決め手に欠けますよね。

悩んでいるなら、一度、「気分良好 薔薇の粒」を使ってみることをおすすめします。ダマスクローズという貴重なバラのエキスを使ったこのサプリは、美容成分も満点!

スーパービタミンと呼ばれる「トコトリエノール」、健康効果も高い「フラックスシードオイル」、そしてオリーブオイルの2倍以上のビタミンを含む「グレープシードオイル」が、女性の肌艶を内側からきれいにしてくれます。

1週間程度と、比較的短期間のうちから効果が感じられやすいとも評判。

ほのかなバラの香りは、接客業や営業の女性から人気を集めています。

人と接するときのエチケットだけでなく、自分自身のリフレッシュ、あるいは「美容になる」という意識は、毎日飲み続けるモチベーションにもなります。

お値段もリーズナブルで毎月飲んでも負担になりにくい、あらゆる女性の懐にも優しいGOODなサプリなのです。

口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP