肥溜め臭を撒き散らす奴マジでなんなの?

0

たまに恐ろしいほどの肥溜め臭といいますか、豚糞臭といいますか、何日もフンを常温で発酵させたようなとんでもなく臭いオイニーの輩とすれ違います。

そういう輩は、決まって便秘、さらに歯槽膿漏な気がします。

原因は腸内に腐敗したまま残ってる宿便!?

便秘の為、体中からうんこ臭を撒き散らしつつ、宿便の影響で体の免疫力低下で、口内細菌のバランスも崩れてしまい、歯槽膿漏を起こしているのではないかと思われます。

ただでも便秘でしぬほど臭うのに、さらに口臭なんて正直辛すぎる。

便秘の人は便臭が口からぷ〜ん

世の中、便秘で悩む方の多くが、口臭も気になってるそうです。

それは、便臭が血液をめぐり、口からも撒き散らされてしまうというもの。

そこに、さらに歯槽膿漏臭が混ざるとなると、想像しただけでもオェっってなりますよね。

▶︎歯槽膿漏などの対策

そして、そんなオイニーを撒き散らす輩に限って、ルーズでオイニーなんか気にしないというパターンが多い。

まずはちょちょちょちょ腸内環境整えないとね。

では、どのようにその肥溜め臭を解消すればいいのか。

まずは便秘対策。

便秘や宿便を解消するには、腸内環境を整える事が何より大切です。

ビフィズス菌をたくさんとったり、整腸作用のある繊維質を含む食品をたくさん取りましょう。
肉ばっか食ってると、
『明日は我が身に肥溜め臭』
と覚悟しましょう。

断食がよい!?

また、常に消化の為に腸はフル回転しています。プチ断食をすることで、腸を休ませ宿便排泄を促すという手もあります。

プチ断食の方法としては、休みを利用して、水分以外一日何も口にしないというものです。

この日は何も口にしないと決めて、一日だけ食べないようにするだけで、自然治癒力や、腸内環境が整い、宿便を排泄する能力が高まるようです。

なお、プチ断食後の食事でどか食いしてしまっては、全くの無意味なので、断食終了後の食事には気をつけましょう。

腸内環境が整ってくると、口内環境も回復し、より歯周病になりにくくなります。

乳酸菌の力を借りよう。

なお裏技として、ビオフェルミン錠のような、ビフィズス菌を含む錠剤を舐めると、口臭が発生しにくくなるようです。

歯周病菌の増殖をビフィズス菌が抑えてくれるのだそう。

腸内環境に良いものは、口内環境にも良いみたいです。

肥溜め臭対策は、腸内環境をよくして便秘を抑える事が先決です。

でもなかなか便秘が改善しなくて困ってる人は、消臭サプリなんかを飲むのもおけばよいでせう。

口臭対策
ワキのニオイ対策
体臭対策
頭皮臭対策
便臭対策
ダイエット対策
space

お得かつ効果が期待できるニオイ対策商品

メンズデオ7200
Share.

▲TOP